COUNTER



新BLOG
 
新BBS
MN-BBS
旧BBS
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2020 - 04  >>
 
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.39997秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
          
<<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 9 | 次の10件>>

---フライス盤の旋盤的使用---
 ユーチューブを検索していたら,フライス盤を旋盤のように

 使う画像がありました。



 こんな使い方もあるんですね。この方は,X3のフライス盤

 をCNC化して,旋盤のように使ってます。

 センタリングさえうまくいけば,

 こんな使い方もありですね。Webはくしゅ

| mabo52 | 12:43 | comments (3) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---Quick Change Tooling---
 以前,フライス盤で,BT40?等で一般的なクイックチェンジ

 が手持ちのフライス盤でできたらいいなと,いろいろあさって

 た頃,

 Easy Change Basic Holdersというものを見つけました。

 R8という規格でしたが,MT3のものもあるようでした。

 

 購入しようと思いましたが,値段がいい値段で,ちょっと手

 がでませんでした。なによりも,ワンタッチで,交換ができ

 そうなのが魅力的でした。

 今日,久しぶりに,LittleMachineShopを見ていたら,

 Quick Change Toolingなるものが目に入りました。

 以前は,専用の機械でないと使えないものと思って

 ましたが,どうやら,専用のコレットを使うことで,MT3の

 X2互換機にも使えるようです。値段的にも,それほどでは

 ないようです。

 ただ,交換には,ドローバーの操作が必要なようですが,

 専用コレット「Collet Holder, Tormach TTS, ER-32」をいくつ

 

 か準備して,おけば,手軽に,交換ができそうです。

 専用のMT3のコレットが,29.75$です。幸い自作のインチ

 仕様のドロバーもありますし,またまた悪い虫がおきそうです。

 値段的にも一つ,34.75$ですから,手の届かない値段では

 ありません。刃先の長さを調整しておけば,MCAH等の

 TOOLCHANGEでも使えそうです。Webはくしゅ

| mabo52 | 00:14 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---友人より加工依頼 (4)---
 最後の難物の加工です。

 ロータリーテーブルに捨て板を固定するための加工です。

 4カ所の穴と座繰り、中心の位置決め用の穴の加工をし

 ました。

 

 ワークの位置決めをするための端剤を接着材で固定しま

 した。

 

 念のため、穴を開けて、スプリングピンを打っておきます。

 

 以前作っておいた位置決め用の治具をロータリーテーブル

 に刺します。

 

 

 この治具に合わせて加工しておいた捨て板をセットします。

 

 真ん中のピンを抜きます。

 

 捨て板のセットが終わったので、ワークをセットします。

 

 レーザーファインダーで位置決めをして、両端を切削します。

 

 このまま切削しようと思いましたが、浮いてしまうので、

 急遽ワークも接着材で固定しました。

 

 ロータリーテーブルを回転して、加工しました。

 接着材を使って固定したので、バーナーでワークをとります。

 やっと完成です。治具作りに2日。切削に30分。こんなもんです

 ねえ。

 

 今回の収穫は、金属用の接着剤です。結構強力で、

 これだけで、切削に耐える強度がでるかもしれません。

 段取り、九割ですねえ。また、勉強しました。Webはくしゅ

| mabo52 | 21:36 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---友人より加工依頼 (3)---

 友人からの依頼の加工です。MDFを捨て板に、固定します。

 でも、MDFはだめですね。強くしめると、縮んでしまいます。

 

 固定したものをフライスに固定します。

 

 いつもの通りレーザーファインダーで、平行だしをします。

 

 精度は必要ないので、ダイヤルゲージは必要ありません。

 レーザーファンダーで両端の位置合わせをして、掘り下げて

 おきます。

 

 両端の間を掘り下げて完成です。7mmの幅でという依頼だ

 ったので、今回は、手持ちの超硬のバイスを使いました。

 雀を大砲で撃つようなもんです。

 完成しました。

 

 切り口を整えて終わりです。Webはくしゅ

| mabo52 | 21:20 | comments (2) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---友人より加工依頼---
 友人よりフライスによる加工依頼がありました。いつも世話に

 なっている同級生の自動車屋さんからです。

 材質は、ジュラルミンで、車のアンダーガードの部材のよう

 です。

 

 一番下の加工は、固定さえしっかりすれば、さほど難しくないです。

 真ん中のものは、ロータリーテーブルを使うようですが、固定

 はどうしましょう。治具が必要でしょうかね。

 一番上のの加工は、直線の組みあわせですから、罫書きさえ

 できれば、慎重に加工で、OKのような気がします。

 精度はあまり必要ないようですので、私にも加工が可能だと

 思います。Webはくしゅ

| mabo52 | 10:12 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---コーナーRカッタ---
 某オクで、コーナーRカッターを落札しました。

 4本で、3000円強ですから、安いお買い物だったと思います。

 細かいスペックを考えないで購入してしまいましたので、

 届いたものをよく見てみると、一番太いもののシャンクが

 25mmあります。

 

 多分、手持ちのコレットでは、きっと、くわえることができないと

 思います。まあ、将来、フライスをバージョンアップしたときの

 ために、とって置きます。

 これで、コーナーの処理に幅がでると思いますが、諸兄の作品

 をみると、1.5mmの面取りがきちんとされてます。

 私がやると、どうしてもいい加減になってしまいます。諸兄は

 どんな手順で、しているのでしょうか。

 興味のあるところです。Webはくしゅ

| mabo52 | 11:31 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---コレットの精度 (2)---
 コレットの精度が気になり始めましたので、コレットチャックの

 精度をしらべて見ました。

 直装コレットチャックの精度が一番いいようです。

 

 1/100程度の振れですので、スピンドルの振れの精度です。

 コレットチャックの精度は、

 

 これもいいようです。

 念のため、コレットチャックの装着の部分の清掃をしてから、

 これっとチャックをセットして、測定してみました。

 昨日の測定では、かなりの振れがありました。旋盤で痛めた

 ことと、水溶性切削油を使った時に細かい切り子が内側に入り

 込んでいたことが原因のようで,きれい掃除して、装着すると、

 半分ぐらいの振れにおさまりました。

 

 使い方が悪かったんですね。ちなみに、別なメーカーの9-10mm

 のコレットは、精度が悪かったです。

 

 7/100ぐらいのぶれがあります。Webはくしゅ

| mabo52 | 22:54 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---コレットの精度---
 たしか、某オクで精密コレットということで購入したコレット

 チャックです。旋盤でワークを掴んで、無理な力をかけた

 せいか、10mmのコレットの精度がかなり悪くなりました。

 根元でも10cmぐらい先でも、0.1mm以上のぶれがあ

 ります。

 細いものから太いものまで掴めるように、そろってますが、

 10mmのものだけ、単体で、日本製を購入しようかと思い

 調べてみましたが、○○タロウで、

    ER32 SPR 9-10 AA----5990円

    ER32 SEAL 10-11ーーーー11900円

 という値段です。ワンセットが購入できるくらいの値段です。

 
 別なメーカーの規格表では、AA級は、

 

 とあり、口元で、0.015mmぶれです。

 仮に、私のフライスにこれをつけてみて、どうなんでしょうか。

 スピンドル自体のぶれが、0.01程度ありますので、0.02mm

 程度におさまってっくれるんでしょうか。

 試してみる価値はあるようですが、それにしても、

 値段が・・・・・。Webはくしゅ

| mabo52 | 23:21 | comments (3) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---フライスのベアリング交換---
 どうもベアリングから音がするようなので、思い切って交換

 することに。

 治具があるので、ヘッドを外さないで、交換しました。

 

 この治具で、外すのもセットするのも可能でが、スピンドルか

 らベアリングを抜くのには、さすが、プーラーがいります。

 治具で、アウターを入れているところですが、交換前のアウター

 をみてみると、フレッチングと細かい筋がありました。

 

 きっと、セットがきつすぎたんですね。初めての交換だったので、

 調整不足ですね。1時間ほどで、交換終了です。

 明日、念入りに調整してみようと思います。

 下側のアウターの方が、筋が激しく、打傷?様のものも、

 何カ所かありました。Webはくしゅ

| mabo52 | 22:29 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---さすが中華製---
 LITTLEMACHINSHOPでは、ほぼすべての部品がそろってるので、

 フライスや旋盤をいじるのに、部品をよく購入してます。

 ただ、原産国は、多分中国のような気がします。


 フライスの微動ダイヤルを一回り大きくすするのに、部品を

 購入しました。

 ダイヤルの六角ネジがハズレなくなってしまって、ダイヤル

 を外せないので、そのまま入れ替えるのに、ユニバーサル

 シャフトの固定の部品も購入しました。


 取り替えてみて、なんかおかしいこ気付きました。ボルトの

 長さが足りないのです。よく見てみると、キャップボルトの首上

 の部分の座繰りが、なんと反対側にしてありました。

 

 赤矢印がフライス側になりますが、座繰りがしてありません。

 この部品を裏返して撮ったのが右の写真です。座繰りがこちら

 側にあります。

 こんなこともあるんですねえ。

 自作すればいいんでしょうけど、採寸やら、加工やら面倒なので、

 注文したのですが。

 さすが、中国製です。


 仕方がないので、ユニバーサルシャフトを切断して、今までの

 部品を使えるようにしました。


 一応メールで、その旨だけLITTLEMACHINSHOPに連絡

 しました。Webはくしゅ

| mabo52 | 21:58 | comments (6) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |

こんな物欲しいな
CLOCK
部分痩せ
NEW ENTRIES
COMMENTS
    ---SPINDLEのPWM制御 (その2) (7)
  • TR >06.18
    ---番外編---
  • TR >06.02
    ---SPINDLEのPWM制御 (その2) (5)
  • mabo >05.30
保留中コメント:10件
LINKS
    相互リンクさせていただいてます。
  • The Rider
Search Box
名言集
メール
   
連絡は下記から
名前:

メールアドレス:

件名:

メッセージ(必須):