COUNTER



新BLOG
 
新BBS
MN-BBS
旧BBS
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2020 - 10  >>
 
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.368459秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
          
<<前の10件 | 1 | ... | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次の10件>>

---フライス盤(X2互換) ボールねじ化 (5)---
 ボーリングヘッドを使って,穴を34mmまで広げましたが,

 ボーリングヘッドの超硬がすぐ欠けてしまいます。

 

 今日,電動ドリルで使うダイヤモンド砥石を買ってきて,

 旋盤につけて超硬部分を研いでみました。

 

 問題なく研ぐことができて,サポートもほぼ完成。

 

 後は,タップを切るだけです。Webはくしゅ

| mabo52 | 21:20 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---フライス盤(X2互換) ボールねじ化 (4)---
 軽くフライス目をベルトサンダーで落とします。

 

 いいのかどうかは分かりませんが,多少,寸法変化するんでしょうね。

 30度の線を引くので,こんな使い方でいいのかもわかりませんが,
 
 アングルブロックを30度にセットしてケガキます。

 

 この後バイスにセットして,ドリルで下穴を開けて,ボーリングで,穴を

 広げます。

 

 前回,ボーリングヘッド?のイモネジを強く締めすぎ,

 食い込んでしまい,外せなくなってしまったので,今回,

 セットピースを入れて,イモネジを締めます。旋盤で,

 

 自分でも削ればできそうですが,オリジナルマインドより

 購入しました。少しずつ広げて,もう少しになりました。

 

 それにしても,使い方がわるいのか,ボーリングヘッドの

 先の焼き入れ部分がすぐに掛けて切れなくなります。

 安物だからでしょうかね。もう少し,使い方の研究が必要で

 す。Webはくしゅ

| mabo52 | 21:22 | comments (5) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---フライス盤(X2互換) ボールねじ化 (3)---
 
 やっと,サポートの整形が終わりました。

 

 10mm近く削りました。本当は,メタルソーかなにかで,

 ある程度切って仕上げをすればいいのでしょうか,

 全部フライスでやりました。切り子がすごいです。

 

 下地ができたので,表面をベルトサンダーで磨いて,

 34mmの穴をあけて,

 固定用の穴を開ければ完成です。Webはくしゅ

| mabo52 | 21:02 | comments (1) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
フライス盤 クイックチェンジ
 旋盤には,クイックチェンジツールポストというのがあり,

 市販もされているようですし,諸先輩の自作の話題も多く

 見かけます。

 フライス盤にもあるようですが,業務用が殆どで,値段も

 中華製の機械が一台買えるぐらいの値段です。

 ネッドで検索してたら,

 R8 Easy Change Basic Holders 

 

 というのも見つけました。値段も,188,48€(約26000円)

 と手の届かない値段ではありません。

 Engineering Supplies

 とう会社で,スコットランド(イギリス?)にあるようです。

 スピンドルをR8に交換すれば,X2互換機でも使えそうです。

同じものだと思いますが,アメリカでは,

 PennToolCo.com

 665$(約69000円)と2倍から3倍の値段で売ってます。

 代理店を通すと高くなるんでしょうね。フェスツールの木工用

 のドミノとかも日本では,アメリカの2倍ぐらいの値段します。

 アメリカもドイツから輸入してるんでしょうけど,フェスツール

 の日本の代理店はもうけすぎですね。Webはくしゅ

| mabo52 | 10:37 | comments (1) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---フライス盤(X2互換) ボールねじ化---
 ラージテーブル+ソリッドコラムにしたフライス盤のボールねじ化

 にかかりました。

 サドル,Xテーブルの裏,リテェィナーの改造が必要ですが,

 まず,サドルの改造です。まあ,それほど正確さはいらないので

 すが,青ニスで,目安を書いて,削りはじめました。

 

 直接固定すると傷がつきそうなので,アルミ板をかまして固定です。

50mm×45mmの広さを10mm程度掘り下げました。

 

 多分鋳鉄の素材なので,抵抗なく削れましたが,やはり,振動が

 激しかったです。どうも,左右の振動がでてるようです。

 補強のため,前後方向(Y軸方向)は大丈夫なようです。

 この,50mm×45mmの穴に,ボールねじのサポートが入る

 予定です。サポートも自作の予定で,明日,

 SS材が届きます。Webはくしゅ

| mabo52 | 21:02 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---フライス盤の組み立て (2)---
   
 ヘッドアセンブリーのコントローラーを取り付けるのに開け

 てみると配線してない端子が二つありました。

 両方とも緑だったので,多分アースだろうと思いましたが,

 念のためLittleMilling9のコントロールボックスをあけて見まし

 た。やはり,本体にアースしてましたが,びっくりです。

 なんと基板に,「SIEG」の文字があるではありませんか。

 

 LittleMilling9もかの有名な中華製だったんですねえ。

 それにしても,高い。

 気を取り直して組み立てです。ガススプリングをつけます。

 ヘッドにタップを2カ所切って,コラムの背面に穴を開けます。

 

 

 ところが,ガススプリングのネジをコラムの内側から,外にだ

 せません。

 

 LittleMilling9とは,コラムの構造が違ってました。

 

 

 いろいろ考えましたが,固定面を背面から側面に変えて,

 無事取り付け完了ですが,多少の変更が必要です。

 ガススプリングの固定のネジが短いので,後日交換

 です。

 

 使うには,コラムの転びや平行の調整がいりますが,ひとまず完了。

 ボールねじを注文したので,X軸の換装にむけて,

 サドルの加工に入ります。Webはくしゅ

| mabo52 | 20:58 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---フライス盤の組み立て (1)---
 部品がだいたいそろったので,新たにフライス盤を組み立て

 ることにしました。

 まずは,ベースをソリッドコラムのものに交換しました。

 

 これは,交換して,使わなくなるベースです。

 コラムを仮設置です。

 

 写真ではもう付いてますが,ヘッドアセンブリーのストッパー

 をつけます。このストッパーは,アセンブリーには入ってなかった

 ので,部品として購入したものです。

 

 続いてガススプリングキットに入っているラックをつけます。

 

 続いて,ヘッドアセンブリーを入れると,

 

 仮組のできあがりです。

ガススプリングをつけないとヘッドが重くて下がりますが,

 ガススプリングをつけるのには,何カ所かタップを切る必要が
 
 があるので,後日です。
 
 ボールねじ換装のためにリテイナーの改造も必要なので

 外して,よく見るとびっくりです。こんなもんなんでしょうか,

 テーブルの重みを黄色の矢印で受けて,赤の矢印のところは

 すき間があります。オイルだめ?がもうけてあるようなのですが

 こんなにすき間があったのでは,オイルもいらないですねえ。

 設計通りなのか,それとも手抜きなのか分かりません。

 

 ちなみに,LittleMilling9も同じ部分にすき間があるようです。

 設計どおりなんでしょうかねえ。Webはくしゅ

| mabo52 | 21:31 | comments (3) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
---フライス盤の改造---
 
 セールスの5万円引きの甘言にのって購入した,東洋アソ

 シエイツのLittleMilling9(X2互換機)ですが,テーブルが狭い

 

 ので,ちょっと大きなテーブルに交換しようと思い,

 ラージテーブルのアセンブリーを購入しました。

 30%ほど大きいです。
 
     LittleMilling9----W403mm×D92mm
     ラージテーブル---W460mm×D120mm

 

 当初は,テーブルだけ交換の予定でしたが,コラムの補強を

 するようなので,ソリッドコラム(固定式)のアセンブリーも購入しまし

 た。

 

 これらを使って,LittleMilling9を改造の予定でしたが,

 もとの形をとどめなくなりそうなので,主軸のアセンブリー

 も購入して,もう一台フライスを作ることにしました。

  LittleMilling9(X2互換機)は,ボール盤の専用になりそ

 うです。Webはくしゅ

| mabo52 | 11:33 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
--フライス盤 主軸 ACサーボ化 覚え書き No9--
 ACサーボ-モーターのコントロールにめどがついたので,

 今度は,コントロールボックスの作成のために,部品を集め

 はじめました。多くの部品は必要ないのですが,照光スイッチ

がそのメインになります。

 

 ボックスはタカチのケースです。ケースの上に載っている照光

 スイッチは,オムロン製です。照光部だけで,映っています。

 スイッチ部は,ケースに組み付けてから,セットします。

 電源部がそろえば,ケースの加工から始まって,配線,組み付け

 をします。手元にあるPICに簡単なプログラムを書き込んで,

 スイッチの照光やらサーボの回転やらのコントロールをします。

 ハードでシーケンスを組むより,PICの方が簡単だと思います。

 オムロンの照光スイッチには,いろいろ組み合わせがあり,目的

 に応じた組み合わせを選ぶことができます。写真の緑の照光スイ

 ッチには,カバーのオプションをつけてあります。カバーを開けない

 とスイッチが押せないようになります。間違って,スイッチが入る

 ことはないのですが,ねんのためです。Webはくしゅ

| mabo52 | 00:38 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |
--フライス盤 主軸 ACサーボ化 覚え書き No8--
 オシレータの周波数調整に使うポテンショメータのダイヤルです。

 きちんと,何回転したか分かるようになっています。赤の矢印の

小さな窓に回転数がでます。今は,0を示しています。また,回転

を止めるストッパーも付いています。青い矢印です。

 

 

 子どもの頃の遙か記憶の中に,これと同じようなダイヤルがつ

いてた機械があって,いじった覚えがあります。中学校時代の

理科室でしょうか。もしかして,オシロスコープかなんかだったのか

もしれません。妙に,郷愁を感じる部品です。Webはくしゅ

| mabo52 | 13:20 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-フライス |

こんな物欲しいな
CLOCK
部分痩せ
NEW ENTRIES
COMMENTS
    ---SPINDLEのPWM制御 (その2) (7)
  • TR >06.18
    ---番外編---
  • TR >06.02
    ---SPINDLEのPWM制御 (その2) (5)
  • mabo >05.30
保留中コメント:10件
LINKS
    相互リンクさせていただいてます。
  • The Rider
Search Box
名言集
メール
   
連絡は下記から
名前:

メールアドレス:

件名:

メッセージ(必須):