COUNTER



新BLOG
 
新BBS
MN-BBS
旧BBS
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2020 - 10  >>
 
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.325763秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
          
---自作MPGワイヤレス化 (13)---
 どこでデータが欠落するのか、いろいろ調べようと思って

 ます。そのために、LCDデバックモニターを作って、みようと思

 います。部品を注文しましたので、届くのをまちます。



 デバッグモニターの制作と平行して、データー受信を

 リングバッファーを使ったプログラムに変更しみようと

 思います。



 当初は、リングバッファーを使ったプログラムにする予定で

 したが、リングバッファーの理解がいまいちで、コーデング

 できませんでした。その一番の原因は、構造体とポインタの

 理解ができてないことでした。

 ネットには、リングバッファーを使ったプログラムが沢山ある

 のですが、そのほとんどが、構造体とポインタという、私が

 一番苦手な手法を使ってありました。


 いろいろあさっていると、構造体とポンタを使わないプログラム

 を使って解説しているHPを見つけました。

 Elementary data structures - Queue

 このHPでやっと、リングバッファーの仕組みが理解で

 きました。



 また、このプログラムを組むにあたって、割り算のあまりを

 求める、計算をしなければなりません。この計算に、結構

 な時間がかかります。一般的には、計算の時間を短縮す

 るために2のN乗の数を使うそうです。2のN乗の数を使う

 ことで、割り算のあまりを出す計算を、X & (N-1)とする

 ことで可能にできるそうです。これで、飛躍的に計算を早く

 できると書いてあるHPにも出会ました。この2のN乗の大き

 さをバッファーの大きさにするそうで、計算時間の短縮がで

 きます。

 この & を使った計算方法が、


 %(剰余)の最適化について

 というHPに分かり易く書いてありました。


 ということで、リングバッファーを使ったプログラムを

 コーデングしていきます。Webはくしゅ

| mabo52 | 20:51 | comments (0) | trackback (0) | DIY:: -MPGワイヤレス |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mabo52.sakura.ne.jp/tb.php/972
トラックバック

こんな物欲しいな
CLOCK
部分痩せ
NEW ENTRIES
COMMENTS
    ---SPINDLEのPWM制御 (その2) (7)
  • TR >06.18
    ---番外編---
  • TR >06.02
    ---SPINDLEのPWM制御 (その2) (5)
  • mabo >05.30
保留中コメント:10件
LINKS
    相互リンクさせていただいてます。
  • The Rider
Search Box
名言集
メール
   
連絡は下記から
名前:

メールアドレス:

件名:

メッセージ(必須):