COUNTER



新BLOG
 
新BBS
MN-BBS
旧BBS
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2020 - 10  >>
 
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.319399秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
          
---半オリジナル QCT ---
 市販品のQCTの使い勝手がよくないので、市販のバイト

 ホルダーがそのまま使えるように、半分オリジナルのQCT

 の試作してみました。本当は、本番なのですが、精度がよ

 くないので、負け惜しみで、試作品にしました。

 市販品のQCTは、バイトホルダーの取り付けに手間取りま

 す。これでは、QCTの役目を果たさないので、苦々しく思っ

 てました。バイトホルダーのサイズにばらつきがあるためだと

 思います。

 オリジナルは、真ん中のアリ溝のかみ合わせを本体が

 わに引く形で固定します。このため、取り外しが結構す

 ムーズですが、取り付けは、ホルダーによって、差がで

 ます。

 そこで、真ん中のあり溝を固定にして、両脇を押す形の

 QCTを試作してみました。

 

 なんとか形にはなりましたが、細かい部分の精度がでて
 
 ないために、動きにスムーズさがありません。また、罫書き

 線を頼りに切削したために、0.5mmほどのばらつきがで

 てしまいました。特に、アリ溝の加工では、現物合わせに

 なってしまったので、ヌルっとした感触で、入るようにはなり

 ませんでした。

 

 また、本体のアリ溝の加工で、左右で、寸法が違ってしまい

 ました。諸兄のような、精密な加工にはほど遠いです。

 これも勉強ですね。

 本体部分は、手持ちのSS400から切り出した部材を、両脇と

 背面は、S45Cのミガキ棒を使用しました。

 SS400は柔らかいのですが、どちらかというと、粘っこい感じ

 で、固定がしっかりしてないと、食い込みがよくおこります。

 S45Cは、SS400よりも硬い感じですが、粘りはその分

 すくないように感じます。S45Cの方が、何となく鉄のような

 感じです。Webはくしゅ

| mabo52 | 23:34 | comments (0) | trackback (0) | DIY::金工-旋盤 |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mabo52.sakura.ne.jp/tb.php/840
トラックバック

こんな物欲しいな
CLOCK
部分痩せ
NEW ENTRIES
COMMENTS
    ---SPINDLEのPWM制御 (その2) (7)
  • TR >06.18
    ---番外編---
  • TR >06.02
    ---SPINDLEのPWM制御 (その2) (5)
  • mabo >05.30
保留中コメント:10件
LINKS
    相互リンクさせていただいてます。
  • The Rider
Search Box
名言集
メール
   
連絡は下記から
名前:

メールアドレス:

件名:

メッセージ(必須):